採用メッセージ

その先の物語をつくる仕事

エコランドのなかまたち

エコランドのSDGsな話

採用情報・エントリーはこちら

エコランドYouTubeエコランドTwitterエコランドFacebook 
エコランドTwitterエコランドTwitterエコランドTwitterエコランドTwitterエコランドTwitterエコランドTwitter
伊藤まりな

エコランドのなかまたち

伊藤まりな
伊藤まりな

入社年度:目白大学心理学研究科卒業 2020年新卒入社
座右の銘:「無知の知」(無知を知って謙虚に 生きることを常に意識しています)
趣味:美術鑑賞・スノボ
入社経緯:CheerCareerのイベントで知って
職歴:法人営業

入社年度 2020年新卒入社
座右の銘 「無知の知」(無知を知って謙虚に 生きることを常に意識しています)
趣味 美術鑑賞・スノボ
入社経緯 CheerCareerのイベントで知って
職歴 法人営業

現在の仕事内容とやりがい

私は法人営業をしています。提携先の企業、たとえば引越しや不動産会社に訪問して、エコランドをより深く知ってもらい、お役に立てるように企画などを提案しています。ご紹介を頂いて売り上げにつなげる、それが私のミッションです。成約に至った場合も、ご紹介いただいた営業の方にお礼の挨拶をしたり、不備がないか等をヒアリングして、サービス向上につなげています。私はどちらかというと、そうしたフォローの方が得意です。営業チームは女性が3人いますが、他の2人は相手の懐に入って紹介をもらう一歩が上手です。私はどちらかというと、営業マンのフォローが得意だと思っています。案件が終わった後に、お礼の電話をしたり、他の営業所のご紹介につなげるためにヒアリングをしたりと、その後につなげることを意識しています。

法人営業は、他の企業のことも知ることができます。自社のことだけでなく、視野を広くして世の中の動きにアンテナを立てたり、外と積極的につながらなければいけない。それが難しいけれど楽しいです。自分の企業だけでなく、他の企業の戦略や事業計画を見たり、組織図がどのようになっているのか勉強したり、そうしたものを見させていただくのも勉強になっています。

伊藤まりな

入社の決め手

就職活動中は軸が2つありました。1つは、山形の大学で芸術を勉強していたので、想像して計画を立てたり、サービスを考えることに携われること。2つ目は、大学院で学んだ分析の力を活かせること。その2軸で企業を探していましたが、なかなかピンとくる企業と出会えませんでした。そんな中、就職イベントに誘われて行ってみたらその内容が面白く、同じイベントに4回も行きました。その中でたまたまエコランドの事業部長と話す機会があったんです。その時の話しが面白かったのが印象的でした。また、私もカンボジアに行って、カンボジアについての作品を作ったりしていたので、エコランドのカンボジアでの事業展開にも興味を持ちました。特に環境系に興味があったわけではありませんが、カンボジアで自分の中でつながりました。選考中に現場見学に行った際には、外国籍の社員と話す機会もありましたが、その方の笑顔がとても印象的でしたし、仕事が楽しいと言っていました。そうした外国籍の方を受け入れる力がこの企業にはあるんだなと思いましたし、学生のことを、即戦力という感じではなく、1人ひとりを深いところまでしっかり見ているところが良いなと思いました。採用して終わり、ではなく、受け入れた後のことを考えて関わってきてくれているのが伝わってきました。

伊藤まりな

仕事で大切にしていること

「図々しく」ということを意識しています。昔から、周りの空気を読みすぎたり、すぐに考え込んでしまう癖があります。そのため、いつでも他の人より出だしが遅くなってしまうんです。テレアポも、最初のころは発信ボタンを押すまでに時間がかかってしまったり。でも今は、「図々しく、行けるところは積極的にいこう!」と思っています。営業だと特に、そうした方が相手の印象に残ってよいのだなと思えるようになりました。印象に残らないとただのつまらない人になってしまいますよね。営業マンって、特に不動産の方は時間がないので、限られた時間に気を使っていたら全然話すことができないんです。積極的に話しをしていくことで、相手の方から「ついでにこれもよろしく!」と、案件を頂いたことが増えてきました。

伊藤まりな

私のオフタイム ~美術鑑賞で歴史を感じる瞬間~

趣味が美術鑑賞なのですが、歴史を感じる瞬間にグッときます。1年前、東ヨーロッパのウィーンへ1人で行きました。博物館も印象的でしたが、その後に行ったモーツァルトの演奏会では涙がボロボロ出ました。100年前にそこにいた人たちが聞いていたものを、今自分も同じ場所で聞いているんだなと思うと胸が熱くなりました。そうした経験や歴史、積み重ねたものとか、実体験が伴う話しとかを見たり聞いたりするのが好きなんです。
あと、私は学生時代に心理学を学んでいたので、休みの日は大学の先生と連絡を取ったりして心理学の勉強をしています。営業していると日々行動ばかりで頭を働かせることができていないので、考える体操をしている感覚ですね。ロジックを立てて考えたり、根本的な問題は何なのかを考えたり。常に考えていないとダメだなと思って意識的に勉強しています。最近も、上司に「過去と今を切り離して考えないで、自分がやって来たものを役立てるように考えてみたら」というアドバイスを受けました。営業マンを心理学的に特徴を分けて分析したりアプローチ方法を考えたりと、業務に活かされている瞬間を感じています。

伊藤まりな