採用メッセージ

その先の物語をつくる仕事

エコランドのなかまたち

エコランドのSDGsな話

採用情報・エントリーはこちら

エコランドYouTubeエコランドTwitterエコランドFacebook 
エコランドTwitterエコランドTwitterエコランドTwitterエコランドTwitterエコランドTwitterエコランドTwitter
永原ゆみ

エコランドのなかまたち

永原ゆみ
永原ゆみ

入社年度:高崎経済大学経済学部卒業 2021年度新卒入社
座右の銘:「臨機応変」(変化が訪れることを恐れるのではなく、解決策をうまく見出して考えて実行すること。それにより、周りがチャレンジしにくいことにも挑戦していく。)
趣味:カフェ巡り・ドラマ鑑賞
職歴:法人営業

入社年度 2021年度新卒入社
座右の銘 「臨機応変」(変化が訪れることを恐れるのではなく、解決策をうまく見出して考えて実行すること。それにより、周りがチャレンジしにくいことにも挑戦していく。)
趣味 カフェ巡り・ドラマ鑑賞
職歴 法人営業

現在の仕事内容とやりがい

私は現在、法人営業をしています。提携している不動産や引越会社へは、入社した時から訪問を続けていたので、今は信頼関係を築けている店舗様が増えてきています。訪問する際は、午前中に実績表をお持ちして不動産店舗の支店長へご挨拶、午後には不動産や引越会社の営業の方へのご挨拶といった流れが主です。そして、訪問した営業の方から、エコランドを必要としているお客様をご紹介いただき、その対応をしています。

営業という職種も、お客様とお話しするのも好きですね。もともと人が好きなので、気が合わないということは滅多にないです(笑)。私は「ギリギリまで攻める」のが好きなので、人に好かれるか、嫌われるか?相手の反応を見ながらギリギリまで距離を縮めます。それはそれで自分の中で楽しいですね。

以前、私たち営業チームが不動産会社の営業マンに対して失礼をしたことがありました。それに気がついた私は、誰よりもすぐに先方へ謝罪をしました。営業の方も当初はお怒りだったのですが、自分がすべて迅速に調整・対応したことで、また大切なお客様をご紹介いただけることにつながりました。そうした、ピンチから巻き返しをして次につなげられることも私の強みです。

永原ゆみ

入社の決め手

群馬に住んでいたのですが、就職を考えた際に、どうしても東京に出たかったんです。そこで、東京にいる友人につなげてもらい、人脈のある方に企業をいくつか紹介してもらいました。その中の1つにあったのがエコランドです。

企業を選ぶ際は、自分の得意な英語を使いたいということもあり、「海外に何かしら関連やつながりのある企業」を軸に考えていました。

入社の決め手は、事業部長との面接です。面白い人柄で、ジョークを交えつつエコランドの魅力を伝えてくれました。HPを見ても、最初はイメージが湧かなかったのですが、事業部長との面接でわからないかったこともクリアになり、自分が営業をしている姿が想像できました。大学生の時に思っていた営業という仕事は、ノルマがあり、それを営業マンが取りに行くというものでした。でもエコランドの場合は、すでに提携しており、そこから紹介をいただくので、信頼関係が大事になってくるかなと思いました。法人営業という職種は、自分の中では選択肢になかったのですが、チャレンジしてみようと思いました。

永原ゆみ

仕事でたいせつにしていること

「人間関係」ですね。社内では特に大事にしています。よい雰囲気って、社内からつくっていかないと、外に出た時、お客様の前など、ふとした時に出てしまうものだと思うんです。最近、法人営業のほかに、コールセンターにも入っているのですが、業務について何も知らなかった以前より、コールセンターの方たちとのすれ違いがなくなりましたし、正社員だけでなく、パートの皆さんも、何かあるとカバーしてくれます。そうした一体感が、営業で外に出た時に相談しやすかったり、手を差し伸べたり、差し伸べられたりにつながってくると思います。

また、「素早い対応」も心がけています。素早く対応することで、「あいつはできる!」というイメージを持たれやすい。数をこなすことももちろん大事ですが、同時に一つ一つを「丁寧」に対応することによって信頼関係を築いていく。仕事面ではどちらも大切なことだと思います。

永原ゆみ

私のオフタイム ~大切な人と過ごす当たり前の日常~

オフタイムは、基本的には近所のお散歩をしていますね。あとは、普段ゆっくり料理できないので、少し凝った料理に挑戦したり。料理はすごく苦手なんですけど、休みの日は時間をかけてできる料理にチャレンジしています。趣味がカフェ巡りなので、以前は甘いスイーツを食べに行くことが楽しみの一つでしたが、今はこのご時世なので、家でドラマ鑑賞をすることも多いです。あとは温かいお風呂に入ったり。大切な人と過ごす日常が一番のリフレッシュであり仕事への活力ですね。

永原ゆみ