エコランド 採用サイトエコランド 採用サイト

自分にとって「働く」とは、社会人として、人として成長すること。
まずはやってみよう!の気持ちで日々挑戦しています。

加藤恵多

加藤恵多

コールセンター担当
入社4年目

エコランド最初の窓口であるコールセンターでリーダーとして働く加藤さん。お客様に寄り添った対応はもちろん、スーパーバイザーとして職場環境の改善・向上にも奮闘中。

趣味
映画・ドラマ鑑賞

座右の銘
やらなかった後悔より、やった後悔

自分は何をやりたいのか?
立ち止まって考えた就職活動。

大学で物流のゼミに入っていましたが、就職活動ではブライダルのプランナーや、学生さんの相談に乗るようなキャリアアドバイザーの職を探していました。でも、就職活動を進める中、しっくりこないし、選考も進まなくて。そこで、自分が本当に何をやりたいのか立ち止まって考えました。家族やゼミの先生からの意見もあり、せっかく大学で学んでいたし、物流企業の説明会にも行ってみようと思ったんです。そしたらやっぱり面白くて、そこから物流業界一本に絞りました。エコランドの社員は明るく楽しく働いている印象を受けて、若手がメインで活躍もしていましたし、自分に合うのではないかと思って入社を決めました。

壁にぶち当たった2年目。辞めたくなりました。
転職を思い直した時に、チャンスが待っていました。

入社して2年目、エコ回収の現場で忙しかった時に転職を考えたことがありました。悩んで上司に相談した時に、「嫌だから他の企業に転職して辞める」では逃げている事と変わりないと感じ思い直しました。やりたいことのために転職をするのは前向きで良いと思いますが、当時の自分は逃げるために転職を考えていて。自分の中でもそれは引っかかっていました。家族にも同じ意見を言われましたし、まずは3年やってみよう!と、気持ちを入れ替えました。そんなタイミングで、部署異動の話を頂きコールセンター勤務となりました。それが思わぬ転機となりました。

4年目の現在、コールセンターをまとめるリーダーに昇格。
マニュアル通りではなく臨機応変にお客様に向き合い、人として成長していきたい。

コールセンターでは最初慣れるのが大変で、電話を取る度に緊張していました。しかし慣れてくるとお客様のリユースに関する相談に乗ったり、それに対する提案をしたりと活発なコミュニケーションを取る様に変わっていきました。自分の提案次第で成約に結びつく体験を繰り返す事で、「この仕事、面白い!」と感じるようになりました。今はコールセンターを統括するスーパーバイザーというポジションにつきました。一緒に働くパートさんから相談を受けたりすることも増え、コールセンターで働く人達がモチベーション高く働ける環境をどうすれば作れるかを日々考えています。元々、人に関わることが好きなので、将来的には人事の仕事にも携わっていきたい。その為にも、今、コールセンターで出来る事を頑張ります。コールセンターで働く過程で、仕事はマニュアル通りにいくことはまずない事を知りました。もちろんマニュアルは大切なのですが、お客様の要望に合わせて臨機応変に対応する。そうした事がお客様からの評価や信頼につながる事を実感する日々です。

4年経って思うのは、エコランドは“人”が良いということ。働く上で「どんな人と働くか」が一番重要ではないかと思っていますが、その点においてエコランドは圧倒的に良い人達が多いです。それは、少なからず仕事の充実や自分の成長にもつながってるのかなと何となく思っています。

エコランドの「コールセンター」ってこんな仕事

お客様の最初の窓口として、電話・メール対応をしています。お客様のお困りごとをヒアリングし、料金を提示した上で、ご希望に合わせて見積営業、又はエコ回収にお伺いする日程を調整しています。見積営業やエコ回収の流れに関する質問も多く受けるため、全ての部署の情報が集まり把握している部署になります。